item

amalka

item.amalka_03
item.amalka_04
item.amalka_05
item.amalka_06
item.amalka_03
item.amalka_04
item.amalka_05
item.amalka_06
青いお花の冠にやまぶき色の長い髪、パッチリおめめのとっても可愛らしい女の子。
【 森の妖精 アマールカ ( víla amálka ) 】は1973年、チェコで愛され続けているアニメ番組「ヴェチェルニーチェク」から生まれました。
日本では「おやすみアニメ」として紹介されている「ヴェチェルニーチェク」、1965年に子どもたちに良いものを届けたいという国策により制作されました。
お話の中には破壊や暴力的な場面は一切なく、優しさと思いやりに溢れています。

アマールカは、優しさや勇敢さを持ちあわせ、何事にも一生懸命。かわいいだけじゃない!
どんな相手にも物怖じせずに物事をはっきりと伝えられる堂々とした姿や、森の仲間たちが困っていると、すぐに助けに向かう行動力には、胸を打たれます。
ちょっぴり小悪魔のような一面もあり、アマールカのためなら、なんでもしてあげたくなってしまいます。
「わたしってかわいいのね」と自分で言ってしまうところは、どこか憎めない愛らしさを感じます。
表情豊かで魅力的、女の子の可愛らしさをギュッとつめ込んだような森の妖精 アマールカに出会えば、きっと誰もが心を惹かれ、癒されるはず。